センター概要|東北大学病院高度救命救急センター|東北大学大学院医学系研究科 外科病態学講座 救急医学分野東北大学病院高度救命救急センター|東北大学大学院医学系研究科 外科病態学講座 救急医学分野

入局者情報

平成29年4月より、現行制度に加えて、「日本救急医学会承認・救急科専門研修プログラム」による専門研修が開始されます。現行制度の枠組みは、キャリアベース(1年以上の専従歴を含む救急勤務歴に加え、経験症例リストによる診療実績審査)を基本に、筆記試験の合格によって専門医資格を得るものでしたが、平成29年度からは、病院群ネットワークに基づく事前登録制度が平行して実施されます。この制度は、専門医研修を行う研修病院群をあらかじめ設定し、専門医を目指す医師は事前登録のうえ、計画性をもって研修を行うものです。

新専門医制度について詳しくは 救急医学会 救急医を目指す君へ <http://qqka-senmoni.com> のサイトもご覧ください。

当院でも、東北大学病院を基幹施設として『みやぎ・東北大学救急科研修プログラム』を策定しています。

みやぎ・東北大学救急科研修プログラム

“みやぎ・東北大学救急科研修プログラム”として、“ドクターヘリドクターカー によるプレホスピタルケア、豊富な症例に基づくER、外科的手技の十分な修練、 さらに、充実した連携基幹により構成され、救急診療と高度集中治療を網羅する”ことを特徴として、救急科専門医修練のためのプログラムを準備しています。

みやぎ・東北大学救急科研修プログラムPDF(1.5MB)

ページの先頭へ戻る